ミネラルファンデーションの情報は口コミでゲットしよう

レディー

お風呂で乾燥が進む

顔に触れる女性

年中、乾燥肌に悩まされていると言う方は非常に多いです。乾燥肌になる原因で一番多いのは、毎日のお風呂の入り方によるものです。知らず知らずのうちに、肌が乾燥しやすくなる行為を行ってしまっているのです。たとえば、体の汚れ、汗をよく落とすために、皮膚を力強く洗う方は多くいます。このような行為は、肌を保護している皮脂、角質層を剥がしてしまいます。その結果、水分が蒸発しやすくなり、乾燥の原因となります。さらに、湯船に浸かった後に体を洗う行為も乾燥肌になります。なぜなら、熱い湯船に浸かること自体が、皮膚の皮脂、保湿因子を減らしてしまうからです。その後、体を洗うと、乾燥した肌にさらに刺激を与えることになります。その結果、ますます乾燥が助長されると言うわけです。

お風呂に入る時に乾燥肌を防ぐには、いくつか注意点があります。まず、体を洗う時に固形石鹸を使う事です。世の中の多くの方は、ボディソープで体を洗う傾向にあります。しかし、液体ボディーソープには、泡立ちを良くする界面活性剤が多く含まれています。この成分は汚れをよく落とすことができますが、同時に肌の潤いまで奪ってしまいます。その点、固形石鹸は肌に優しい成分が入っているので、スキンケアしながら体を洗えます。肌の保湿効果も高いので、乾燥が気にならないです。その他にも、入浴後にすぐにスキンケアを行う事が大事です。入浴後の体は、何もスキンケアをしないと、どんどん乾燥が進んでいきます。お肌にとって良くないので、すぐに化粧水、クリームでスキンケアをするといいです。